2020年01月21日

ダボス会議、持続可能な社会探る 今日スイスで開幕 グレタ・トゥーンベリ対ドナルド・トランプ

greta-thunberg-davos_6245668.jpg


Bienvenue dans ce journal ! La cinquantième édition du forum de Davos s'est donc ouvert ce matin en Suisse. Dans la haute élite économique mondiale débute cette année avec l'entrée en scène de Donald Trump et Greta Thunberg. Deux visions du monde, deux visions de l'avenir, diamétralement opposé. C'est sans doute d'ailleurs leur seul point commun avec peut-être si la façon très tranchée d'exposer leur point de vue. Écoutez la jeune militante écologiste à la tribune ce matin.

この時間のニュースにようこそ!第50回ダボス経済フォーラムが今朝スイスで始まりました。世界経済トップエリート会議が今年はドナルド・トランプとグレタ・トゥーンベリの登場でスタートしました。全く全ての点で異なる世界の2つのビジョン、将来の2つのビジョンです。恐らく彼らの唯一の共通点は恐らく彼らの見解を述べる際の大変はっきりしたそのやり方です。今朝の壇上での若きエコロジスト活動家のスピーチをお聞き下さい。
posted by クリント at 19:25| パリ 🌁| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーチン大統領、露憲法改正案を議会に提出 退任後の権力固めに布石

m_globe_asahi-13049760.jpg


Vladimir Poutine, le président russe a donc présenté sa proposition de réforme de la Constitution. Une série d'amendements visant notamment à renforcer les pouvoirs du Parlement et une réforme qui nourrit les spéculations et les rumeurs sur les véritables intentions du président russe après l'expiration de son mandat en 2024. C'est un nouveau coup d'accélérateur qui a donc été donné ce lundi par le président. Explication...

ロシア大統領のウラジミール・プーチンが憲法改正案を提出しました。一連の修正案は特に議会権限の強化を狙っています。そして改革は2024年任期終了後におけるロシア大統領の本当の意向に関する思惑や噂を生んでいます。月曜日大統領により新たな加速一撃が与えられました。説明です....
posted by クリント at 13:31| パリ 🌁| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

露メドベージェフ首相が内閣総辞職…プーチン氏2024年任期満了後の実権維持にらんだ布石か


Le gouvernement russe a démissionné quelques heures après l'annonce par le président Poutine d'une révision de la Constitution. Ses annonces surprises, elles ont interrogé évidemment sur la stratégie du chef de l'État dont le mandat s'achève en 2024.

ロシア内閣が総辞職しました。プーチン大統領の憲法改正の発表数時間後です。不意をつく発表は勿論国家元首の戦略に関して質問がありました。大統領の任期は2024年に終わります。
posted by クリント at 10:33| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

仏公共医療機関の医師千人以上が辞任の意向 政府に予算交渉求めて


Des médecins français ont colère. Plus d'un millier d'entre eux travaillent en milieux hospitaliers menacent de démissionner si la ministre de la Santé ne veut pas de réelle négociation sur le budget des hôpitaux. Le plan d'urgence dévoilé en novembre dernier par le gouvernement ne suffit pas pour ses professionnels de santé.

フランスの医師は怒っています。医療界で働いている彼らの内、千人以上が辞任すると威嚇しています。もし厚生大臣が病院予算に関する本当の話し合いを望んでいないならです。去る11月に政府により明らかにされた緊急プランでは医療プロの人々には十分ではありませんでした。
posted by クリント at 11:13| パリ ☔| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

英女王がヘンリー王子夫妻の「移行期間」認める 英加で生活へ


À l'issue d'une réunion ce lundi, la reine Élisabeth II a accordé la période de transition à Harry et Meghan. Période devant la quelle la famille royale laisse devoir définir ce statut inédit qu'ils réclament. Le couple souhaite en effet l'indépendance de sa économie et une partie de l'année en Amérique du Nord.

月曜日の会議の後、エリザベス2世女王はハリー王子とメーガン妃に移行期間を許可しました。この期間の前に王室は彼らが要求している前代未聞の地位を定義しなくてはなりません。王子カップルは経済的に独立することを望み1年のある期間を北アメリカで過ごします。
posted by クリント at 13:17| パリ ☁| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

2020年1月10日のニュース解答と1月11日のニュース問題

1月10日のニュース解答
     ↓

Cette fois c'est la bonne. Le Royaume-Uni devrait bien quitter l'Union Européenne à la fin du mois le 31 janvier. Après 3 ans et demi de crise, les députés britanniques ont approuvé définitivement et sans difficulté. L'accord de sortie commence alors la période de transition. Nina Masson.

今度は大丈夫です。英国は今月末1月31日に欧州連合から確かに離脱するはずです。3年半におよぶ危機の後、英国下院議員は最終的に困難もなく離脱を承認しました。離脱合意で移行期間が始まります。ニナ・マソンの報告です。

1月11日のニュース問題
     ↓

固有名詞等 : @ arabique A sultan d'Oman B Qabous ben Saïd C Golfe D Marc Paupe

※固有名詞等から直接コメント欄にコピペしないで下さい。文字化けしますので。
posted by クリント at 23:00| パリ ☀| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

2020年1月10日のニュース問題

1月10日のニュース問題
     ↓

固有名詞等 : @ Royaume-Uni A Union Européenne B britanniques C Nina Masson

※ 固有名詞等から直接コメント欄にコピペしないで下さい。文字化けしますので。
posted by クリント at 16:58| パリ ☔| Comment(4) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

ヘンリー王子夫妻が主要王族からの「引退」表明 英と北米で生活へ


Et puis toujours au Royaume-Unis, un mot de ce coup de tonnerre qui secoue la couronne britannique et risque d'alimenter la chronique. Le Prince Harry et son épouse Meghan ont décidé de renoncer à leur rôle de premier plan au sein de la famille royale pour s'installer une partie de l'année en Amérique du Nord au Canada probablement. La décision a été accueillie froidement par le Palais de Buckingham qui la juge précoce et estime que la question est compliquée. Le couple affirme vouloir continuer à soutenir la reine Élisabeth, 93 ans.

そしてこれも英国のニュースです。この突発事件が英国王位を揺さぶり、噂を増大させる危険があります。ハリー王子と妻のメーガンがロイヤル・ファミリーの中心での第1線の役割を放棄することを決めました。年間の一部を北米恐らくカナダで過ごすためです。この決定はバッキンガム宮殿から冷たく受け入れられ、時期尚早だと判断され、問題は複雑だと考えられました。しかし王子カップルは93歳のエリザべス女王を支え続けたいと断言しました。
posted by クリント at 13:30| パリ ☁| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

ウクライナと親ロ派が捕虜交換 パリでの和平合意受け


On débute donc avec cet échange de prisonniers entre l'Ukraine et les séparatistes pro-russes, 5 ans après le début de conflit qui a fait plus de 13 000 morts dans l'est du pays. 76 Ukrainiens ont pu retrouver leur famille. Beaucoup avaient les larmes aux yeux. Image ici de leur arrivée sur le tarmac de l'aéroport de Kiev et leur accueil par leur président Volodymyr Zelenskiy. De son côté donc Kiev a libéré 124 détenus. C'est un pas de plus bien sûr dans la paix dans le Donbasse. Antoine Fenaux.

はじめはウクライナと親ロシア独立派との捕虜交換のニュースです。ウクライナ東部で1万3千人以上の死者を出した紛争のはじめから5年後のことです。76人のウクライナ人が彼らの家族と再会出来ます。目に涙を浮かべている人が沢山います。この映像はキエフ空港の滑走路で彼らの到着とそれを迎えるウォロディミル・ゼレンスキー大統領の姿です。一方でウクライナの方は124人の留置人を釈放しました。勿論、これはドンバス地方の和平にとって更なる一歩ですねアントワン・フェノーさん。
posted by クリント at 09:35| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

エリザベス英女王、「多難な」一年と振り返る クリスマス・メッセージ公開


Autre discours de Noël, cette fois au Royaume-Uni. Comme chaque année, la reine Élisabeth II a pris la parole, une tradition depuis 1952. Mais cette année entre crise politique et scandale au sein de la famille royale. La reine a eu une année qu'elle a qualifié de très mouvementée.

もう1つのクリスマス・スピーチです。今度は英国です。毎年のように、エリザベス2世女王は1952年以来恒例になっている発言をされました。しかし今年は政治的危機から王室ファミリーの中でのスキャンダルまでありました。女王は大変波乱に飛んだと形容した年を経験されました。
posted by クリント at 12:54| パリ ☀| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする