2021年03月05日

ローマ教皇、紛争続いたイラクを初訪問へ シーア派指導者とも会談


Première visite, pape a voulu l'histoire en Irak. Dans quelques heures, François est attendu à Bagdad. Une visite sous très haute sécurité, il parlera islam chiite mais surtout à la minorité chrétienne, victime des exactions de l'État islamique mais aussi vous verrez l'expropriation. Reportage dans ce journal.

最初の訪問でローマ教皇はイラクで歴史を作ろうと願っています。数時間後にフランチェスコはバグダッドで人々の出迎えを受けます。大変厳戒態勢の下での訪問ですが、教皇はシーア派イスラム主義や特に少数派のキリスト教徒のことを話すでしょう。キリスト教徒はイスラム国の略奪と同様にご覧のように強制収用の犠牲者です。この時間のニュースの中でルポルタージュをお送りします。

posted by クリント at 13:38| パリ ☁| Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: