2021年03月03日

アルジェリア人独立運動家・弁護士の仏軍による拷問・暗殺をマクロン大統領が認める 


Ali Boumendjel a bien été torturé et assassiné par l'armée française pendant la guerre d'Algérie. Emmanuel Macron vient d'admettre que la mort de l'avocat avait été maquillée en suicide. Cette propos naissance à partir de geste d'apaisement recommandé par l'historien Benjamin Stora. Il ne s'agirait pas d'un acte isolé, a déjà promis l'Elysée.

アリ・ブーメンジェルはアルジェリア戦争の間、確かにフランス軍により拷問され暗殺されました。エマヌエル・マクロンは自殺に偽装されていた弁護士の死亡を認めたところです。この言葉が生まれたのは歴史家ベンジャマン・ストラにより推奨された鎮静化の姿勢から出たものです。これは単独な行為ではないとすでにエリゼ宮は約束しました。


posted by クリント at 19:52| パリ | Comment(0) | アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: