2021年01月18日

暗殺から60年後ベルギーがルムンバ氏遺体解体歯2本をRDCの遺族に返還 


Le reste de la dépouille de jeun leader indépendantiste congolais Patrice Émery Lumumba assassiné en 1961 au Katanga pourrait être restitué aux autorités de RDC, annonce la Belgique à l'occasion de 60e anniversaire de sa disparition.

1961年にカタンガで暗殺されたコンゴの若き独立主義リーダーだったパトリス・エメリー・ルムンバの遺体の一部がコンゴ民主主義共和国(RDC)当局に返還されることになるでしょう。これはベルギー政府が彼の死去60周年の機会に発表しました。

posted by クリント at 16:11| パリ ☁| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: