2020年12月29日

レバノン北部のシリア難民キャンプに放火 数百人が住居失う


Mais aussi au Liban où un nouvel acte criminel a été perpétré contre les réfugiés syriens dans la banlieue nord de Tripoli à Minieh. Un camp a été incendié dimanche. Selon les habitants de ce camp, cet incendie aurait été déclenché par une famille libanaise qui embouchait des Syriens sans les payer depuis plusieurs semaines alors que les travailleurs réclamaient leurs salaires. Une bagarre aurait éclatée. Les Libanais aurait alors incendié leurs tentes en guise de représailles. Les flammes ont entièrement rasé ce campement de fortune où vivaient 75 familles. Reportage de notre envoyé spécial...

またレバノンでも、新たな犯罪行為がトリポリの北郊外ミネエのシリア難民に対し遂行されました。日曜日、難民キャンプが放火されました。このキャンプの住民によれば、この火災はレバノンの家族により引き起こされたようです。家族はシリア人を雇っていましたが数週間前から給与を支払っていませんでした。シリア人労働者は彼らの給料を要求しました。乱闘が起こったようです。レバノン人は報復の代わりの彼らのテントに火をつけました。炎が一時しのぎのキャンプを完全に破壊しました。そこには75家族が暮らしていました。特派員のルポルタージュです...
posted by クリント at 16:26| パリ ☁| Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: