2020年06月29日

パリ市長決選投票、イダルゴ現職知事が再選果たす


Les Verts qui franchissent donc une étape décisive de leur histoire à Paris. Elles étaient trois candidates en lice et sans surprise Anne Hidalgo, maire sortante de la capitale qui est arrivée en tête devant Rachida Dati et Agnès Buzyn. La candidate socialiste obtient 50, 2 % des voix contre 32 % pour Rachida Dati et 16 % pour Agnès Buzyn. Anne Hidalgo conserve donc la mairie de Paris sur un programme social écologiste. On retrouve notre envoyé spécial, Clovis Casali.

緑の党はパリで彼らの歴史の決定的段階を超えました。党から3人の女性候補者が戦いに参戦しました。そして予想通り、現職首都知事アンヌ・ダルゴがトップに立ちました。つづいてラッチダ・ダチ候補そしてアニエス・ブーザン候補です。社会党候補者は50.2%を獲得しラッチダ・ダチは32%、そしてアニエス・ブーザンは16%でした。アンヌ・ダルゴは社会環境プログラムを訴えパリ市長の座を守りました。クロビス・カサリ特派員と繋がっています。
posted by クリント at 16:03| パリ ☁| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: