2020年05月31日

米の抗議デモ、20都市に拡大 黒人死亡巡り、暴徒化も


Des manifestations particulièrement tendues un peu partout aux États-Unis en ce moment. À Los Angeles, à New York, à Baltimore, à Chicago, à Philadelphie et aussi à Minneapolis. Il y a eu des échauffourées, des interpellations et des dégradations de véhicules de police. Cela en réaction bien sûr à la mort de George Floyd, l'afro-américain lors de son interpellation par la police de Minneapolis dans le Minnesota au nord du pays, c'était lundi. La ville reste agitée de vives tensions après plusieurs nuits de violences au point que des renforts de la Garde nationale ont été déployés. Un couvre-feu avait même été imposé la nuit dernière. Et Donald Trump a une nouvelle fois réagi aux émeutes de ces derniers jours, parlant de la mort de George Floyd comme d'une tragédie mais le président américain a surtout qualifié les protestataires de pillards et d'anarchistes. Écoutez...

現在、アメリカでは至る所で大変緊張したデモ行進が行われています。ロサンゼルス、ニューヨーク、ボルティモア、シカゴ、フィアデルフィア、そしてミネアポリスでも。小競り合いや不審尋問、警察車両の損壊があります。これらは勿論アフロ・アメリカンのジョージ・フロイドが亡くなった事への反応です。彼は米北部ミネソタ州ミネアポリスの警察による尋問の際に亡くなりました。月曜日のことです。数日にわたる暴力行為があった夜の後で町は激しい緊張で揺さぶられたままです。あまりにも激しい暴力行為に国家警備隊の援軍が展開した程です。昨夜、夜間外出禁止令さえ課されました。そしてドナルド・トランプは、またしても、ここ数日間の暴動に反応しました。ジョージ・フロイドの死は悲劇であったと語りましたが、アメリカ大統領は特に抗議者を略奪者や無政府主義者と形容しました。お聞きください....

posted by クリント at 13:03| パリ | Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: