2020年01月16日

スーダン、情報機関メンバーの反乱を鎮圧と発表−兵士ら6人死傷


Le calme est revenu aujourd'hui à Khartoum, après de violents tirs hier dans la capitale soudanaise. Selon la présidence, il s'agissait de soldats des services de renseignement mécontents de la restructuration des services de sécurité qui sont descendus dans la rue. L'armée est intervenue dans la nuit a repris le contrôle de la situation. Et ce mercredi matin, le général al-Burhan, chef du Conseil souverain a mis en garde afin qu'il expliquait qu'il ne tolérerait pas de coup d'État contre la révolution.

今日ハルツームに静寂が戻りました。昨日スーダンの首都で激しい銃撃があった後です。大統領府によると、情報機関の兵士が関わっており、彼らは治安業務の再編成に不服で街頭に繰り出していました。夜には軍が介入し状況の統制を取り戻しました。そして水曜日朝、アル=ブルハン最高評議会議長は革命に対するクーデタは容赦しないと説明し警戒しています。
posted by クリント at 12:30| パリ | Comment(0) | アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: