2020年01月15日

イラン制裁復活へ手続き発動 英仏独、核合意存続さらに困難に


"Une erreur stratégique", voilà les mots du chef de la diplomatie iranien concernant la décision des signataires de l'accord sur le nucléaire iranien pour pousser Téhéran à respecter ses engagements. La France, le Royaume-Uni et l'Allemagne ont déclenché ce mardi la procédure de règlement des différents prévue par le texte. L'Iran se désengage depuis plusieurs mois de l'accord et a notamment annoncé de ne plus limiter dans son enrichissement d'uranium. Le mécanisme déclenché par l'Europe pourrait aboutir à retour des sanctions et à la mort de l'accord affaibli depuis 2018 par le retrait américain. Écoutez les explications...

「戦略的間違いだ」これはイランに核に関する協定約束順守をせまる署名者の決定に関わるイラン外相の言葉です。フランス、英国そしてドイツは火曜日、協定書により予期された紛争解決の法的手続きを発動しました。イランは数か月前から協定書に違反し特にウラン濃縮に制限を設けないと発表しました。ヨーロッパにより発動されたメカニズムは制裁復活と2018年アメリカの協定離脱以来弱体化した合意の死に至る可能性があります。説明をお聞き下さい。
posted by クリント at 09:23| パリ ☔| Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: