2020年01月14日

リビア停戦発効へ リビア国民軍が受け入れ ロシアとトルコが主導


La situation en Libye au cœur des discussions à Moscou aujourd'hui. Des discussions ont lieu ce lundi dans la capitale russe en présence de deux principaux dirigeants libyens, le chef du gouvernement reconnu par l'ONU Fayez el-Sarraj et son rival le chef de guerre, l'homme fort de l'Est du pays Khalifa Haftar. Les deux hommes ne se sont pas directement rencontrés mais des tractations ont eu lieu en leur présence sous l'égide de la Russie et de la Turquie. Et les scènes n'aient qu'à moitié transformé. Moscou, Daniel...

今日、モスクワでの話し合いはリビアの状況が中心でした。話し合いは月曜日ロシア首都で行われリビアの2人の主要なリーダーが参加しました。国連から認められている首相のファイズ・アル=サラージと彼のライバルで戦闘指揮官、リビア東部の大物であるハリファ・ハフタルです。2人は直接会談しませんでしたが、ロシアとトルコの支援の下で彼らの存在が裏取り引きを誘引しました。話し合いの場面は半分しか伝わって来ません。モスクワからダニエルの報告です...
posted by クリント at 11:06| パリ ☁| Comment(0) | アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: