2020年01月09日

ゴーン被告「日産と日本検察がぐるに」ベイルートで逃亡後初の記者会見


La contre-attaque de Carlos Ghosn. Comme prévu, l'ancien patron de l'alliance automobile Renault-Nissan a tenu la conférence de presse aujourd'hui à Beyrouth pour s'exprimer sur les accusations de malversation financière qui l'ont valu d'être arrêté au japon. Combatif s'exprimant en plusieurs langues. Il a dénoncé un coup monté contre lui une collusion entre le parquet japonais et Nissan. Et il se dit déterminé à laver son honneur. Il a aussi affirmé qu'il préparait sa riposte au niveau légal avec ses avocats.

カルロス・ゴーンの逆襲です。予想通り、自動車連合ルノー・日産の元会長は今日ベイルートで記者会見を開きました。日本で逮捕されるに至った公金横領による起訴に関して自分の意見を述べるためです。多くの言語で説明しながら彼は戦闘的でした。彼は彼に対する日本検察と日産との間の共謀という罠を告発しました。そして汚された自分の名誉を断固として晴らすと述べました。彼はまた弁護士と共に法的レベルで反撃を準備すると断言しました。


Pour leur, aucun commentaire du côté du constructeur japonais, la ministre de la justice a, elle, immédiatement rejeté ses accusations. "Cela est absolument intolérable. Le système de justice pénale au Japon définit des procédures appropriées tout en garantissant les droits fondamentaux de la personne."

さて日本の自動車メーカーの方は如何なるコメントもありませんが、法務大臣の方は直ちにこの非難を却下しました。「とうてい看過できるものではありません。我が国の刑事司法システムは個人の基本的人権を擁護しつつ司法手続きに適していると定義されています。」
posted by クリント at 09:15| パリ ☁| Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: