2019年12月31日

カルロス・ゴーン被告がベイルート入り、レバノン当局者


À la une donc ce nouveau rebondissement dans l'affaire Carlos Ghosn. L'ancien PDG de Renault-Nissan est arrivé au Liban vient la Turquie. Depuis le 25 avril dernier, l'homme d'affaires franco-libanais-brésilien était assigné à résidence à Tokyo. La justice japonaise l'accuse de corruption. Les circonstances de son transfert dans la capitale libanaise à rester flou. Carlos Ghosn qu'il avait été libéré sous caution en avril dernier, il était depuis sous contrôle judiciaire dans l'attente de son procès prévu pour 2020 qu'il fait l'objet de 4 inculpations. Axelle Simon.

トップ・ニュースはカルロス・ゴーン事件の新展開です。元ルノー・日産グループ会長はトルコ経由でレバノンに到着しました。去る4月25日以来、フランス・レバノン系ブラジル人実業家は東京で居住地指定されています。日本の裁判所は彼を汚職の罪で起訴しています。レバノン首都への移動状況は、はっきりしません。カルロス・ゴーンは去る4月に保釈され、それ以来、司法監視の下にあり、4つの嫌疑の対象となり2020年に予定されている裁判を待っているところでした。アクセル・シモンがお伝えします。

posted by クリント at 16:31| パリ | Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: