2019年12月30日

ウクライナと親ロ派が捕虜交換 パリでの和平合意受け


On débute donc avec cet échange de prisonniers entre l'Ukraine et les séparatistes pro-russes, 5 ans après le début de conflit qui a fait plus de 13 000 morts dans l'est du pays. 76 Ukrainiens ont pu retrouver leur famille. Beaucoup avaient les larmes aux yeux. Image ici de leur arrivée sur le tarmac de l'aéroport de Kiev et leur accueil par leur président Volodymyr Zelenskiy. De son côté donc Kiev a libéré 124 détenus. C'est un pas de plus bien sûr dans la paix dans le Donbasse. Antoine Fenaux.

はじめはウクライナと親ロシア独立派との捕虜交換のニュースです。ウクライナ東部で1万3千人以上の死者を出した紛争のはじめから5年後のことです。76人のウクライナ人が彼らの家族と再会出来ます。目に涙を浮かべている人が沢山います。この映像はキエフ空港の滑走路で彼らの到着とそれを迎えるウォロディミル・ゼレンスキー大統領の姿です。一方でウクライナの方は124人の留置人を釈放しました。勿論、これはドンバス地方の和平にとって更なる一歩ですねアントワン・フェノーさん。
posted by クリント at 09:35| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: