2019年12月29日

カザフスタンで旅客機墜落 14人死亡確認 乗客乗員約100人 土曜日、国喪に服す


Le Kazakhstan observe ce samedi une journée de deuil national, après le crash d'un avion de ligne qui a coûté la vie à douze personnes vendredi. L'appreil de la compagnie low-cost Bek Air transportait une centaine de passagers dont une quarantaine est toujours hospitalisées. La Russie, la Chine et l'Union Européenne ont adressé leurs condoléances au pays. Tandis que l'enquête a été ouverte par le ministère de l'Intérieur.

カザフスタンが土曜日に国喪の日に服しました。金曜日、航空定期便が墜落し12人が亡くなったからです。ローコスト航空会社ベック・エアーの旅客機が約100人の乗客を輸送していました。そのうちの約40人は相変わらず入院中です。ロシア、中国そしてEUがカザフスタンに弔意を表しました。一方、内務省から捜査が開始されました。
posted by クリント at 12:03| パリ | Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: