2019年12月10日

ウクライナとロシアが停戦合意 ウクライナ東部の戦闘に終止符へ


Certains évoquent des progrès mais Emmanuel Macron annonce ainsi une implication et une consolidation du cessez-le-feu mais forces et les équipements devraient être retirés d'ici fin mars 2020 et un échange de prisonniers entre les deux camps doit avoir lieu ce mois-ci. Vladimir Poutine a salué un pas important vers la désescalade. Il demande par ailleurs un statut spécial pour la région et une amnistie pour les participants au conflit. Un enthousiasme qui n'est pas forcément partagé par Volodymyr Zelensky, le président ukrainien qualifié de positif. Le dialogue avec la Russie regrette toutefois un manque des résultats. "Je le dis honnêtement, c'est très peu", a-t-il déclaré. "Je voudrais désoudre un plus grand nombre de problèmes". Un nouveau sommet est prévu dans 4 mois.

進展があったと言及する人も何人かはいましたが、エマニエル・マクロンは停戦が当然の結果であり補強にすぎないと、このように発表しました。しかし部隊や装備は今から2020年3月末までに撤去されるはずです。そして両陣営間の捕虜交換は今月にも行われすはずです。ウラジミール・プーチンは戦線縮小に向かっての重要な一歩だと歓迎しました。一方で彼はこの地域のための特別規定や戦闘参加者のための恩赦を要請しました。この熱狂は必ずしもウクライナ大統領のウォロディミル・ゼレンスキーから共有されませんでしたが、停戦を肯定的に評価しています。しかしながらロシアとの話し合いは成果があがっていないと後悔し「正直に言えば大変少ない」と述べ「より多くの問題を解決したいと欲しています。」新しい首脳会談は4ヶ月以内に予定されています。
posted by クリント at 14:46| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: