2019年12月04日

NATO、「中国の脅威」協議 トランプ氏「強大化に対処」


Ce mercredi, les 29 États membres doivent signer une déclaration commune pour la première fois l'OTAN va reconnaître les défis posés par la Chine. L'Alliance désunie se cherche un cap conclu entre en 1949 le pacte atlantique visé à l'époque à contrer la menace soviétique. Aujourd'hui cette menace n'est plus la même alors c'est l'existence même de l'OTAN qui pose question. Marie Burgot.

水曜日、NATOメンバー国29ヶ国は初めてNATOが中国から投げかけられた挑戦を認めるだろうという共同声明に署名するはずです。反目し合った北大西洋同盟はその方向を探しあっています。1949年に合意した大西洋条約は当時ソビエトの脅威に立ち向かうことを狙っていました。今日、この脅威は最早同じではありませんがNATOの存在自身が問題を生じさせています。マリー・ブリュゴ特派員です。
posted by クリント at 13:09| パリ 🌁| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: