2019年11月20日

ボリビア混乱続く モラレス支持派、石油製油所占拠 排除の軍・警察と衝突死者3人 司祭仲介に入る


En Bolivie, une semaine après la démission d'Evo Morales, les violences continuent entre ses soutiens et le gouvernement par intérim. Un homme est mort ce mardi soir alors que l'armée tentait de dégagé raffinerie bloquée par les pro-Morales dans la ville d'El Alto près de La Paz. L'église catholique cherche à se poser en médiatrice l'évêque du diocèse d'El Alto.

ボリビアではエボ・モラレス辞任から1週間後、彼の支持者と代理政権との間の暴力行為が続いています。火曜日夜、ラパス近くのエル・アルトの町で占拠された石油製油所から親モラレス派の人を軍が排除しようとした際、男性1人が死亡しました。カトリック教会はエル・アルト司教区の司教を仲裁者だと自任しようと努めました。
posted by クリント at 13:18| パリ | Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: