2019年11月19日

米国務長官、イスラエルの入植地を認める発言 方針転換


À la une de l'actualité, cette annonce du secrétaire d'État américain Mike Pompeo. Washington ne considère plus contraire au droit international les colonies israéliennes en Cisjordanie. Position immédiatement dénoncée par l'Autorité palestinienne mais saluée par le Premier ministre israélien Benjamin Netanyahu.

トップ・ニュースは米国務長官マイク・ポンペオのこの発表です。米国政府はヨルダン川西岸イスラエル植民地の国際的権利侵害を最早考慮しません。この立場は直ちにパレスチナ自治政府から告発されましたがイスラエル首相のベンヤミン・ネタニヤフからは歓迎されました。
posted by クリント at 09:17| パリ | Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: