2019年10月18日

EU離脱案、議会通過は微妙=どんでん返しの「残留」も?


Direction Bruxelles maintenant, après avoir conclu, arraché un accord revisé sur le Brexit, Boris Johnson doit franchir un autre obstacle : faire passer son accord samedi lors de la session extraordinaire au parlement, après avoir convaincu suffisamment de députés britanniques, ce qui s'annonce Muriel Delcroix plutôt incertain ?

今度はブリュッセル方向です。ブレグジット(英国のEU離脱)に関する修正協定案を結び、やっと手に入れた後、ボリス・ジョンソンはもう1つの障害物を乗り越えなくてはなりません。それは議会での特別会期の際、十分に英国下院議員達を説得した後、土曜日にその協定書を通過させなくてはなりませんが、ムリエル・デルクロワさん、それがむしろ不確実なことが予想されますね?


Boris Johnson : "Je pense que cet accord est très bon pour l'Union Européenne comme pour le Royaume-Uni. J'espère vraiment que mes collègues parlementaires de Westminster ont à present mettre en œuvre le Brexit et aller au bout de processus."

ボリス・ジョンソン : 「私はこの合意が英国と同様に欧州連合にとっても大変良いことだと思います。私は出席しているウエストミンシターの国会議員同僚がブレグジット(英国のEU離脱)を実施し、法的手続きが終わるよう切に願っています。」
posted by クリント at 10:50| パリ ☁| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: