2019年10月17日

香港議会、再開もすぐ休会 逃亡犯条例改正案撤回も延期 米下院、香港人権法案を可決


La contestation reste vive à Hongkong. Dès regagné le parlement ce mercredi où la cheffe de l'exécutif n'a pu prononcer son discours de rentrée. Dans le même temps, Pékin s'agace d'un projet de loi américaine de soutien aux manifestants pro-démocratie.

香港では反論の声がまだ強いままです。水曜日に議会が再開されてからすぐに、執行部トップ(行政長官)は議会再開の演説を行うことが出来ませんでした。時を同じくして、中国政府は親民主主義派デモ参加者を支持するアメリカの法案(香港人権法案)に苛立っています。
posted by クリント at 12:58| パリ ☁| Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: