2019年10月16日

同性婚女性の人工授精容認=仏下院で法案可決、来夏の成立目指す


À l'actualité en France maintenant, les députés qui ont largement adopté ce soir le projet de loi bioéthique, 359 votes favorables contre 114 refus. L'une des mesures phares de sexe va l'ouverture de la procréation médicalement assistée à toutes les femmes. En janvier prochain, des sénateurs se prononceront à leur tour.

さて今度はフランスのニュースです。下院議員が今夜、生命倫理法案を賛成多数で採択しました。賛成票359票に対し反対票114票でした。性に関する先鞭をつける措置の1つが全ての女性に医療補助による出産の道を開くでしょう。来年1月、今度は上院議員が立場を明らかにする番です。
posted by クリント at 13:54| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: