2019年10月15日

再開の英議会で女王演説「月末のEU離脱が最優先」


La reine Élisabeth II défend le Brexit lors de son traditionnel discours annuel. "La priorité de mon gouvernement a toujours été d'assurer une sorite du Royaume-Uni de l'Union Européenne le 31 octobre", a dit la reine qui s'exprimer à l'ouverture d'une nouvelle session parlementaire.

エリザベス2世女王が恒例の年次演説の際、ブレグジット(英国のEU離脱)を擁護しました。「私の政府の優先事項は相変わらず10月31日の欧州連合からの英国離脱を保証することです。」と女王は語り、新たな議会会期のはじめに自分の考えを述べられました。
posted by クリント at 14:18| パリ ☁| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: