2019年10月08日

ウクライナ疑惑に一次情報持つ新たな内部告発者


Les choses se compliquent pour Donald Trump. Un deuxième lanceur d'alerte s'est dit prêt à témoigner sur l'affaire ukrainienne, à l'origine d'une procédure de destitution contre le président américain. Selon l'avocat Mark Zaid, ce nouveau lanceur d'alerte est lui aussi un agent des services de renseignements et il ou elle possède des informations "de première main". D'après le cabinet d'avocat, d'autres lanceurs d'alerte seraient susceptibles de livrer les informations sur cette affaire.

事態はドナルド・トランプにとって、ややこしくなっています。アメリカ大統領に対する弾劾手続きの発端であるウクライナ事件に関して2番目の内部告発者が証言する準備が出来ていると語りました。マーク・ザイド弁護士によると、この新たな内部告発者も情報局員で、彼か彼女かは「第一次」情報を持っています。弁護士事務所によれば、他の内部告発者もこの事件に関する情報を引き渡すことが出来るようです。
posted by クリント at 12:33| パリ ☁| Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: