2019年03月30日

ブレグジット期限は4月12日に 4月10日に臨時EU首脳会議を招集


Au lendemain de ce nouveau désaveu pour Theresa May, car les députés britanniques qu'ont rejeté pour la troisième fois l'accord de retrait du Royaume-Uni de l'Union Européenne. Le jour même en principe le Royaume-Uni devait quitter l'UE. Voilà qui signifie que Londres n'a pas respecté la date limite fixée par l'Union Européenne pour reporter le Brexit au 22 mai et devra donc trouver une solution avant le 12 avril. De son côté, Bruxelles prévoit organiser un sommet d'urgence le 10 avril pour disputer la suite des événements concernant ce dossier épineux du Brexit.

テリーザ・メイにとってのこの新たな否認の翌日です。というのは英国下院議員達が英国のEU離脱協定を3度却下したからです。原則としてその日は英国がEUを立ち去る日でもありました。以上が次のことを意味しています。それは英国が5月22日まで離脱を延期するためEUによって定められた期限日を尊重しなかった(離脱協定案の議会承認)ことです。そして4月12日前に解決策を見つけなくてはならないでしょう。一方、欧州理事会は4月10日に緊急首脳会議を行うと予告しています。ブレグジット(英国のEU離脱)のこの骨の折れる問題に関して事態の展開を討論するためです。
posted by クリント at 17:46| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: