2019年03月11日

ゴーン被告の取締役会出席を認めず 東京地裁


Carlos Ghosn n'assistera pas au conseil d'administration du constructeur d'automobiles Nissan. Il doit avoir lieu demain. Un tribunal de Tokyo a rejeté sa demande. L'ex-PDG de Renault a été libéré sous caution après plus de 100 jours en prison, il est actuellement assigné à résidence. Carlos Ghosn est toujours en effet administrateur du groupe tant que l'assemblée générale des actionnaires n'a pas voté sa destitution.

カルロス・ゴーンは自動車メーカー・ニッサンの取締役会には出席出来ないでしょう。取締役会は明日行われます。東京地裁は彼の要求を却下しました。元ルノー社長は100日以上拘留の後、保釈されました。彼は現在、居住地を指定されています。カルロス・ゴーンは実際相変わらずニッサン・グループの取締役です。株主総会で彼の解任が採択されない限りです。
posted by クリント at 19:15| パリ ☀| Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: