2018年11月30日

ウクライナ船舶拿捕事件 NATOがアゾフ湾にドイツ監視船派遣


La tension est toujours très vive entre l'Ukraine et la Russie après l'incident armé au large de la Crimée. Le président ukrainien Petro Porochenko accuse la Russie de vouloir annexer toute l'Ukraine comme elle a déjà fait pour la Crimée. Il appelle l'OTAN et en particulier son allié allemand à envoyer un navire en mer d'Azov pour contrer la Russie. La chancellière allemande Angela Merkel appelle au contraire Kiev à rester avisé.

クリミア半島沖で起きた武力紛争の後、ウクライナとロシアの間では相変わらず緊張が大変高まっています。ウクライナのペトロ・ポロチャンコ大統領はクリミアですでに行ったようにウクライナ全てを併合しようとしているとロシアを非難しました。彼は北大西洋条約機構とくに同盟国ドイツにロシアに反撃するためアゾフ海に船舶を派遣するよう要請しました。ドイツのアンゲラ・メルケル首相は反対にウクライナ政府に慎重さを要請しました。
posted by クリント at 10:19| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: