2018年11月13日

リビアの安定化を目指す国際会議が伊のパレルモで開催 国内統一選挙実施が目標


L'avenir de la Libye au cœur d'une conférence internationale qui s'est ouvrte ce lundi soir à Palerme en Italie. Les deux chefs libyens seront finalement présents. Le chef du gouvernement union nationale basé à Tripoli, Fayez el-Sarraj, internationalement reconnu mais aussi donc, le maréchal Haftar, homme fort de l'ouest du pays. Il est arrivé à Palerme dans la soirée. Majeure cette conférence, c'est la sortie de la crise libyenne et l'objectif donc de parvenir à organiser des élections nationales.

イタリアのパレルモで月曜日夜から開催された国際会議の中心はリビアの未来です。リビアの2人のリーダーが最終的には参加するでしょう。トリポリを基地に置く国民合意政府のトップであるファイズ・サラージは国際的に認められていますが、また同様にリビア西部の大物であるハフター元帥がいます。彼は夜パレルモに到着しました。この会議の大前提はリビア危機からの脱出です。目的は国内統一選挙の開催に至ることです。
posted by クリント at 17:11| パリ ☁| Comment(0) | アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: