2018年11月13日

トルコ大統領、仏外相のサウジ記者殺害音声記録受理せず発言に激怒 


Paris plaide le malentendu face à la colère d'Ankara. La Tirquie furieuse d'être accusé de jeu politique dans l'affaire Khashoggi. Ce sont des mots du ministre des Affaires étrangères français, Jean-Yves le Drian affirme n'avoir reçu aucun enregistrement au yeux d'Ankara concernant le meurtre du journaliste saoudien Jamal Khashoggi. Samedi, pourtant Recep Tayyip Erdogan avait affirmé avoir transmis ses preuves à Riyad, Washington et Paris.

フランスはトルコの怒りに直面し誤解を擁護しています。トルコはカショギ事件の中で政治的遊戯を非難し怒っています。これはフランス外相の言葉ですが、ジャン=イヴ・ル・ドリアンはサウジアラビア人ジャーナリストであるジャマル・カショギの殺害に関するトルコの目の前での如何なる録音物も受け取っていないと断言しました。しかしながら土曜日、レジェップ・タイイップ・エルドアンはサウジアラビアやアメリカそしてフランスにその証拠を渡したと断言しています。
posted by クリント at 13:46| パリ ☁| Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: