2018年04月20日

仏独首脳会談 EU改革案で共同歩調 支出増では温度差


Emmanuel Macron était à Berlin aujourd'hui. Objectif du président français : faire avancer ses projets pour l'Europe, maintenant que l'Allemagne doutée d'un gouvenement stable avec sa tête toujours Angela Merkel. Les deux dirigeants ont affiché leur intention d'avancer vers un accord d'ici au Conseil européen de fin juin. Ils n'ont pas caché d'avoir pas forcément en priorité, notamment sur la question de la réforme de la gouvernance de la zone euro. Un sujet sur lequel la chancelière allemande semble moins pressée que le président français.

エマヌエル・マクロンは今日ベルリンにいます。フランス大統領の目的は、欧州のための彼の計画を前進させることです。折しもドイツが相変わらずアンゲラ・メルケルが首相で安定した政権が疑われている今です。2人のリーダーは今から6月末の欧州理事会までに合意に向かって前進させたい意向を掲げています。彼らは特にユーロ圏カバナンス改革問題に関して無理には優先的にしようとは考えていないことを隠していません。このテーマについてドイツ首相はフランス大統領より急がされてはいないようです。

posted by クリント at 12:48| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: