2018年04月20日

フランス各地で130の公務員改革反対デモ 組合側、首相との交渉要望


RFI, actualité en France. Nouvelle journée de grève aujourd'hui à la SNCF. Et contrairement à ce qui se passe depuis le début de ce mouvement pointillé, la mobilisation rebondit avec plus de 20 % des grévistes aujourd'hui contre moins de 20 % hier. Les deux tiers des conducteurs de train ont cessé le travail. Pendant ce temps, l'intersyndicale des chiminots a décidé de suspendre la concertation avec la ministre des Transports, Elisabeth Borne. Les syndicats expliquent vouloir négocier avec le Premier ministre Édouard Philippe. La ministre regrette cette décision réaffirme que la réforme dura, elle est nécessaire, selon elle, elle sera conduite jusqu'à son terme.

RFI・フランスのニュースです。今日、仏国鉄で新たなストライキの1日です。そしてこの点在する運動開始以来、起こった事とは反対に、運動は新展開を示しました。昨日20%以下だったスト参加者に対し今日は20%以上の参加者です。列車運転手の3分の2が仕事を休みました。この間にも鉄道員組合連合集会は運輸大臣エリザベット・ボーンとの協議を中断することを決定しました。組合はエドゥアール・フィリィップ首相との交渉を望んでいると説明しました。運輸相はこの決定を遺憾に思うとし、改革は引続き必要で、最後まで導くと再確認しています。
posted by クリント at 10:25| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: