2018年04月19日

トランプ大統領、拉致問題を米朝首脳会談で取り上げると確約


Selon les experts, un eventuel traité de paix ne pourra être validé que s'il est signé également par d'autres acteurs dont la Chine et aussi le Japon. Tokyo jusqu'à présent, s'est montré réticent. Le Premier ministre souhaite que la question des citoyens japonais enlevés par le régime nord-coréen soit résolue. Un sujet que le président américain promet d'aborder lors de sa rencontre programmée avec Kim Jong-un.

専門家によると、場合によってはあり得る和平条約は、他の当事者も署名しなければ有効とはならないでしょう。他の当事者には中国や日本もいます。日本政府は今まで、ためらいがちなところを見せていました。日本の首相は北朝鮮体制によって拉致された日本人市民の問題が解決されることを望んでいます。 このテーマをアメリカ大統領は金正恩との計画された会談時に取り上げることを約束しました。

posted by クリント at 11:21| パリ | Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: