2018年04月17日

シリア化学兵器調査団、現地に入れず ロシアと体制側許可せず


En Syrie, pourquoi les experts de l’OIAC sont-ils tenus à l’écart de Douma ? Les inspecteurs sont bien arrivés sur le territoire syrien mais pour l’instant ils n’ont pas pu se rendre sur les lieux de l’attaque chimique imputée au régime de Bachar al-Assad. La mission de l’OIAC, l’Organisation pour l’interdiction des armes chimiques prend donc du retard. Le Royaume-Uni parle de l’entrave à l’enquête et les États-Unis vont jusqu’à évoquer un risque de manipulation de lieu de l’attaque. Londres et Washington pointent en tout cas du doigt, la Russie qui s’est défendue bec et ongles.

シリアでは何故、化学兵器禁止機関(OPCW)がドゥーマから遠ざけられているのでしょうか?捜査員達は確かにシリア領土に着きましたが、今のところ彼らはバシャール・アル=アサド体制の仕業である化学兵器現場に向かうことが出来ません。OPCW派遣隊は遅れをとりました。英国は調査の邪魔をされたと語り、アメリカは襲撃現場の工作の危機だとまで言及しました。いずれにせよ英米はロシアとシリア体制を指さし、ロシアは攻撃と防御のすべを知っています。
posted by クリント at 14:19| パリ | Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: