2020年05月26日

ヨーロッパ諸国相次ぎ制限緩和策打ち出す カフェやレストラン、スポーツジムやプールもオープン


L'Europe poursuit son déconfinement. Italie a franchi une nouvelle étape dans la levée des restrictions avec la réouverture des salles de sport, des piscines une semaine après celle des restaurants. En Allemagne, la plupart des restaurants ont pu rouvrir ce lundi comme certains hôtels allemands prévoient toutefois de prolonger jusqu'au 5 juillet au moins ses règles de distanciation sociale. Et puis en Espagne, à Madrid, les terrasses des cafés et des restaurants, d'espace verte rouverts. Une bouffée d'air pour un pays qui avait observé un confinement très strict. Les précisions de notre correspondant...

ヨーロッパでは外出制限解除が続いています。イタリヤは制限解除の新たなステップを超えました。レストラン再開から1週間後、スポーツ・ジムやプールも再開しました。ドイツでは月曜日、大半のレストランが再開出来ました。しかしながら、幾つかのドイツのホテルでは少なくとも7月5日まで社会的距離のルールは延長する予定です。そしてスペインですが、マドリッドではカフェやレストランのテラスや緑地帯は再開しました。大変厳しい外出制限を守ってきた国にとっては一息ついているところです。特派員からの詳細です...
posted by クリント at 19:03| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独最高裁、VWに賠償命令 排ガス不正訴訟のモデル判決に


Et puis cette décision judiciaire en Allemagne. Le constructeur automobile Volkswagen a été condamné à indemniser les propriétaires de voiture équipée d'un moteur diesel truqué. Denier épisode en date du Dieselgate qui a éclaté il y a 5 ans maintenant.

そしてドイツでの、この裁判所の決定です。自動車メーカー・フォルックス・ワーゲンは偽造ジーゼル・モーターを装着された自動車所有者に賠償金を支払うよう有罪判決を受けました。ジーゼル・ゲートと呼ばれる直近のエピソードは今から5年前に発生しました。
posted by クリント at 16:40| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」WHOが治験を停止 致死率上昇?


Avec à la une, cette étude du très sérieux journal scientifique The Lancet qui n'en finit plus de refroidir l'enthousiasme autour de l'hydroxychloroquine perçu pendant un temps comme un potentiel remède au coronavirus. L'OMS annonce suspendre son essai clinique pour l'instant.

トップ・ニュースですが大変厳格な科学誌「ザ・ランセット」のこの研究論文は、しばらくの間、コロナ・ウイルスの潜在的治療薬として理解されてきたヒドロキシクロロキンに関しての熱狂を冷まし続けています。世界保健機関(WHO)は今のところ、その治験の停止を発表しました。
posted by クリント at 15:40| パリ | Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルンジ大統領選・ヌダイシミイエ候補当選発表 野党候補は与党陣営の不正主張し訴追


À la une de ce journal, au Burundi, la victoire proclamée par la Commission électorale, du candidat du parti au pouvoir Evariste Ndayishimiye à l'élection présidentielle du 20 mai. L'opposition dénonce déjà un scrutin peu crédible et entend déposer un recours.

この時間のトップ・ニュースです。ブルンジでは選挙委員会から5月20日の大統領選挙で政権政党の候補者エヴァリスト・ヌダイシミイエの勝利が宣言されました。野党はすでにこの投票が信用出来ないと告発し訴えを起こすよう要求しています。

posted by クリント at 11:10| パリ | Comment(0) | アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英首相側近、外出制限中に親類宅へ EU離脱の参謀、首相は擁護


De l'autre côté de la Manche, Royaume-Uni, voilà une polémique de plus pour Boris Johnson qui a défendu dimanche son conseiller spécial Dominic Cummings. Il a maintenu à son poste alors qu'on a appris qu'il avait enfreint le confinement en faisant début mars 400 kilomètres avec sa femme et son fils pour se rendre chez ses parents. Il craignait alors être atteint du Covid-19. Ce lundi, pendant une heure de déclarations suivies de question de la presse, Dominic Cummings a essayé d'éteindre immense polémique que cette information a soulevé dans le pays. Une longue justification de cet homme d'ombre n'est pas excuse. Écoutez.

イギリス海峡の反対側の英国では日曜日、特別顧問のドミニク・カミングスを擁護したボリス・ジョンソンの姿勢がさらに論議を呼んでいます。彼は特別顧問のポストを解雇しませんでしたが、次のような事実を知りました。特別顧問は外出制限の規則を破り3月初めに400キロメートル離れた両親宅へ妻と息子ともに向かいました。彼は両親がCovid-19に感染していないか心配しています。月曜日、マスコミの質問に従い1時間ほどの声明の間、ドミニク・カミングスは、この情報が英国で途方もない論議を高めていることを打ち消そうと試みました。この影の男は長い時間をかけ自分を正当化しましたが、謝罪はありません。お聞き下さい。
posted by クリント at 10:04| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする