2020年01月11日

2020年1月10日のニュース解答と1月11日のニュース問題

1月10日のニュース解答
     ↓

Cette fois c'est la bonne. Le Royaume-Uni devrait bien quitter l'Union Européenne à la fin du mois le 31 janvier. Après 3 ans et demi de crise, les députés britanniques ont approuvé définitivement et sans difficulté. L'accord de sortie commence alors la période de transition. Nina Masson.

今度は大丈夫です。英国は今月末1月31日に欧州連合から確かに離脱するはずです。3年半におよぶ危機の後、英国下院議員は最終的に困難もなく離脱を承認しました。離脱合意で移行期間が始まります。ニナ・マソンの報告です。

1月11日のニュース問題
     ↓

固有名詞等 : @ arabique A sultan d'Oman B Qabous ben Saïd C Golfe D Marc Paupe

※固有名詞等から直接コメント欄にコピペしないで下さい。文字化けしますので。
posted by クリント at 23:00| パリ ☀| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チュニジア議会が政府信任案否決、新首相選出へ


En bref, le Parlement tunisien n'a pas accordé sa confiance vendredi soir au gouvernement proposé par le Premier ministre désigné Habib Jemli ouvrant une nouvelle période de tractation compliquée pour tenter de mettre sur pied une coalition. Les députés ont rejeté par 134 voix contre 72, le cabinet proposé par Habib Jemli. Il appartient désormais au président Kaïs Saied de désigner un nouveau candidat au poste de chef du gouvernement.

手短に話します。チュニジア議会は金曜日夜指名されたハビブ・ジェムリ首相により提案された政府に対しての信任を与えませんでした。これで同盟を整えようとするため複雑な裏取引の新たな期間を開くことになります。下院議員は134票対72票で信任案を否決しました。この内閣はハビブ・ジェムリにより提案されました。彼はすでにカイス・サイード大統領の政党に属しています。大統領が新たな首相ポスト候補者を指名するからです。
posted by クリント at 19:19| パリ ☀| Comment(0) | アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イランがウクライナ機撃墜認める 主張撤回「人的ミス」


À la une de cette édition, le mea-culpa iranien. Téhéran a admis il y a quelques minutes qu'une erreur humaine était à l'origine de la catastrophe du Boeing 737 d'Urkaine Airlines. L'appareil transportait 176 personnes a été pris pour un avion hostile. Nous serons en direct de la capitale iranienne dans un instant.

この時間のトップ・ニュースです。イランが自らの過ちを認めました。イラン政府は数分前に人的ミスがウクライナ航空のボーイング737型機大参事の原因だと認めました。176人を運んでいた航空機は敵の飛行機とみなされました。まもなく、イランの首都と中継です。
posted by クリント at 15:35| パリ ☀| Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする