2020年01月07日

豪、森林火災で予備役配備 復興に20億豪ドル投入へ 野生動物5億匹が焼死


Les incendies en Australie. Le gouvernement a critiqué pour sa mauvaise gestion de la crise, tant de réagir, il a annoncé notamment la création d'un fonds d'aide aux victimes doté de 2 milliards de dollars australiens équivalents d'un milliard 3 cents millions d'euros. Mais Scott Morrison, le Premier ministre a aussi accusé de ne rien faire contre le changement climatique, pointé du doigt dans l'ampleur des incendies de cette année. Écoutez le reportage de notre envoyée spéciale à Sydney Murielle Paradon.

オーストラリアの森林火災ですが、政府は危機管理の悪さを批判しました。多くの反応があり、政府は特に犠牲者への支援基金の創設を発表しました。支援額は20億豪ドル、13億ユーロに相当します。しかしスコット・モリソン首相は気候変動に対しての不作為も非難し、今年の火災の広がりを指摘しています。シドニー特派員ムリエル・パラドンのルポルタージュをお聞きください。

posted by クリント at 19:32| パリ ☁| Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米軍、イラク撤退を「誤って」通達


À la une de l'actualité, la confusion pour les États-Unis après divers informations. Le général William Seely aurait dit dans une lettre pour avertir d'un possible retrait des troupes américaines. Une information démentie par le secrétaire américain à la Défense Mark Esper. On y viendra dans cette édition.

トップ・ニュースです。色々な情報でアメリカが混乱しています。ウィリアム・シーリー准将が書簡の中にアメリカ部隊の撤退の可能性を通報するため書いたようです。この情報は米国防長官マーク・エスパーにより否定されました。この時間のニュースの中で振り返ります。
posted by クリント at 17:29| パリ ☁| Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする