2020年01月06日

イラン、ウラン濃縮「制限せず」 核合意、崩壊の瀬戸際


Alors que la tension ne cesse de grimper au Moyen-Orient depuis l'assassinat du général iranien Qassem Soleimani par les États-unis, Paris, Londres et Berlin appellent Téhéran au respect de l'accord de 2015 sur son nucléaire. L'Iran annonçait ce dimanche qu'elle ne se limiterait plus dans son enrichissement de l'uranium. À Téhéran, correspondance Siavosh Ghazi.

アメリカによるイランのカセム・ ソレイマニ将軍暗殺以来、中東では緊張の高まりが止まりませんが、フランス、イギリスそしてドイツはイランに2015年の核合意を尊重するよう呼びかけています。イランは日曜日ウラン濃縮に最早制限をかけないと発表しました。テヘランからシアヴォシュ・ガジ特派員です。
posted by クリント at 13:50| パリ ☁| Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラク米大使館付近にまたロケット弾 イラク議会は米軍撤退を要求


Donald Trump maintient donc ses intentions de représailles vis-à-vis de l'Iran. Dans un tweet ce dimanche, il a menacé de riposte rapide voire disproportionnée en cas d'attaque contre une personne ou une cible américaine. Un message quelques minutes après cette deuxième attaque de roquettes en deux jours à proximité de l'ambassade américaine à Bagdad. Pas de blessés, je vous le disais, à déplorer. Mais le contexte se complique peu avant le Parlement irakien votait l'expulsion des soldats américains en Irak. Antoine Fenaux.

ドナルド・トランプはイランに対する復讐の意向を維持しています。日曜日のツイートの中で、彼はアメリカ人やアメリカの標的に対して攻撃があった場合、素早く、その上並外れた反撃をすると威嚇しました。このメッセージはバグダッドの米大使館の近くに2日に渡って2度目のロケット攻撃があった数分後になされました。言っておきますが、嘆くような怪我人はありませんでした。しかし状況はややこしくなっています。ツイートのすぐ前に、イラク議会がイラクからのアメリカ兵撤退を採択しました。アントワン・フェノーのレポートです。
posted by クリント at 13:26| パリ ☁| Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする