2020年01月05日

トランプ氏、米国人攻撃なら「52カ所に報復」イラクの米大使館付近にロケット弾 親イラン組織が報復警告


La coalition à militaire en Irak conduite par les États-unis confirme que des roquettes et obus de mortier se sont abattus dans des zones étaient déployées des soldats américains sans faire des victimes. Donald Trump, de son côté, s'est exprimé sur Twitter. Selon lui, les États-Unis ont identifié 52 sites iraniens susceptibles d'être visés, si jamais l'Iran s'en prend aux intérêts américains.

アメリカが指揮するイラクでの軍事同盟が次のことを確認しました。ロケット弾と迫撃砲がアメリカ兵が展開する地域に打ち込まれましたが犠牲者は出ませんでした。一方、ドナルド・トランプはツイッター上に自分の考えを述べました。彼によると、もしイランがアメリカの財産を攻撃したなら、アメリカはイランの52ヶ所を特定しターゲットにする可能性があると述べました。

posted by クリント at 16:59| パリ ☁| Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする