2020年01月04日

米軍、イラクで新たな空爆 シーア派武装勢力の車列狙う 中東へ3500人増派


La tension monte à Bagdad notamment aux abords de l'ultra-sécurisé zone verte. C'est là que se trouve l'ambassade américaine après l'attaque de mardi par des miliciens pro-iraniens. Les soldats d'élite américain, vous le voyez ici, sont venus renforcer la sécurité aux abords de l'enceinte américaine. Le Pentagone a par ailleurs annoncé ces dernières heures le déploiement de 3 000 à 3 500 soldats supplémentaires au Koweït. Il sera de façon préventive. Il vient s'ajouter au 750 soldats déjà envoyés cette semaine. Donald Trump, lui, assume et justifie sa décision. Il a agi, dit-il, pour éviter des guerres. Écoutez le.

バクダッドでは特に特別警戒地域グリーン・ゾーン周辺の緊張が高まっています。そこにはアメリカ大使館がありますが、親イラン派民兵により火曜日に襲撃がありました。ここでご覧のようにアメリカ精鋭兵士がアメリカ大使館敷地の周りの安全を強化するため派遣されました。一方、米国防総省は先ほどクウェートに3000から3500人の増員展開を発表しました。これは予防的方法と言えるでしょう。今週すでに派遣された兵士750人に追加されました。ドナルド・トランプの方は自分の決定を受け止め、正当化しています。彼は戦争を避けるために行動したと述べています。お聞きください。
posted by クリント at 13:40| パリ 🌁| Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする