2019年11月06日

イラン核合意履行停止 ウラン濃縮を再開へ


L'Iran reprête reprendre des activités d'enrichissement d'uranium. Hassan Rohani met la pression sur les signataires de l'accord de Vienne. Il l'ordonne deux mois pour le délais sanctions américaines imposées à son pays.

イランがウラン濃縮活動を再開すると再び宣誓しました。ハサン・ロウハーニはウイーン協定の署名国に圧力をかけました。彼はイランに課したアメリカの制裁期限2ヶ月でウラン濃縮を再開を命じました。
posted by クリント at 16:02| パリ ☁| Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏首相、新たな移民職業割り当て政策を議会で発表


La France prête à fixer des quotas d'immigration professionnelle. Des objectifs chiffrés selon les thèmes choisis par la ministre du Travail. Part de sélection par pays d'origine donc mais des entrées conditionnées aux besoins en main-d'œuvre des entreprises françaises. La mesure ne sera détaillée que ce mercredi. Mais elle a évidemment fait agir à droite comme à gauche.

フランスは移民職業割り当てを決める準備が出来ています。労働相により選ばれたテーマにより目標が数字化されています。選抜割り当ては出身国によりますが、入社はフランス企業の労働力需要により制約されます。この措置は水曜日にならないと詳細が分かりません。しかしこの措置は当然右派にも左派にも影響を及ぼします。

posted by クリント at 13:19| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ憲法裁判所 長期失業者の職安雇用提案拒否に懲罰


La Cour constitutionnelle allemande censure les sanctions les plus sévères frappant les chômeurs de longue durée qui refuseraient une proposition d'emploi. Les juges estiment que la réduction de leurs indemnités n'est pas légale.

ドイツ憲法裁判所は雇用提案を拒否した長期失業者に最も厳しい制裁処分を与えました。判事は彼らの手当て減額が適正ではないと評価しました。
posted by クリント at 10:59| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル最高裁が人権NGO米人部長の国外追放を承認 イスラエルのボイコットを支持


À la une de cette édition, le président régional de l'ONG Human Rights Watch, Omar Shakir, premier victime d'une loi israélienne autorisant l'expulsion d'étrangers soutenant un boycott d'Israël. La Cour suprême a validé l'expulsion de ce citoyen américain que vous entendrez dans un instant.

この時間のトップ・ニュースです。人権NGOのヒューマン・ライツ・ウォッチ地方代表のオマール・シャキールが最初のイスラエル法の犠牲者となりました。この法律はイスラエルのボイコットを支持した外国人の国外追放を許可するものです。最高裁はこのアメリカ市民の国外追放を法的に認めましたが、このニュースを間もなくお聞きください。
posted by クリント at 10:38| パリ | Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米政府、パリ協定離脱を国連に正式通告


Les États-Unis officialisent leur retrait de l'accord de Paris sur le climat. Ces dernières heures, Washington a officiellement notifié les Nations Unies confirmées ainsi. Cette volonté affichée de Donald Trump qui dénonce un texte tue d'emploi. Ce retrait, ça effectue dans un an pour lundi au lendemain de l'élection présidentielle américaine.

アメリカは気候に関するパリ協定からの離脱を公表しました。この数時間でアメリカは国連に正式に通知し、国連もこのように確認しました。これは協定案が雇用を無くすと告発しているドナルド・トランプの掲げた意向です。離脱実施は1年後の月曜日、アメリカ大統領選出の翌日です。
posted by クリント at 09:20| パリ | Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする