2019年10月02日

チュニジア控訴院が大統領候補者カルイ氏の釈放却下判決 大統領選決選投票近づく 


Le maintien en détention du candidat à la présidentielle tunisienne Nabil Karoui. La justice tunisienne a de nouveau rejeté aujourd'hui une demande de mise en liberté de l'homme d'affaires et publicitaire. Le second tour pour lequel Nabil Karoui candidat face à l'universitaire Kaïs Saeid est maintenant tout proche, puisqu'il est prévu le 13 octobre.

チュニジア大統領選候補者ナビル・カルイの拘留は維持されました。チュニジア裁判所は今日再び実業家で広告業者の釈放要求を却下しました。ナビル・カルイ候補者が大学教師のカイス・サイードと相対する決選投票は現在間近となりました。というにも10月13日に予定されているからです。
posted by クリント at 14:08| パリ | Comment(0) | アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮がミサイル発射か 日本の排他的経済水域内に落下か 潜水艦発射弾道ミサイルと韓国発表


On reste dans la région avec ce tir des missiles nord-coréens, direction de la mer du Japon. Un tir de courte portée qui pourrait avoir été lancée depuis un sous-marin, selon l'état-major sud-coréen. Ce nouvel essai condamné par le Japon qui coïncide avec l'annonce par Pyongyang de discussion du travail ce samedi sur le nucléaire avec les Américains. Une reprise de discussion 8 mois après l'échec du sommet de Hanoï.

この地域に留まりますが、北朝鮮のミサイルが日本海に向けて発射されました。短距離発射は潜水艦から発射された可能性があると韓国参謀本部が発表しています。この新しい実験は日本により非難されましたが、土曜日アメリカと核に関する作業討議を行うとした北朝鮮の発表と符合します。討議の再開はハノイの首脳会談失敗から8ケ月後のことです。
posted by クリント at 13:03| パリ | Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルーアン化学工場火災で県が化学物質を公表 約40件訴訟、数百人がルーアンでデモ


Dans l'actualité en France, 5 jours après l'incendie d'usine chimique de Lubrizol de Rouen, la préfecture a dévoilé la liste des produits chimiques partis en fumée. 5 253 tonnes précisément. Et une quarantaine de plaintes ont été déposées ce mardi. Plusieurs centaines de personnes ont par ailleurs manifesté à Rouen pour réclamer toute la vérité. Précisions de l'envoyé spécial...

フランスのニュースですが、ルーアンのルーブリゾール(潤滑油添加剤)化学工場での火災発生から5日後、県は煙となった化学製品のリストを明らかにしました。正確には5253トンです。そして火曜日約40件の提訴がありました。一方数百人が全ての事実を要求してルーアンでデモ行進しました。特派員の詳細です...
posted by クリント at 11:11| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英首相、2日に協定の最終案 EUが協議拒否なら強硬離脱へ


J moins un mois du Brexit, c'est annonce de Downing Street. Le Premier ministre britannique Boris Johnson doit face mercredi une annonce finale à l'Union Européenne en vue de la conclusion d'un nouvel accord juste et raisonnable. Selon le Daily Telegram, cette proposition prévoit que l'Irlande reste dans le marché unique européen jusqu'en 2025 tout en formant une union douanière avec le Royaume-Unis.

ブレグジット(英国のEU離脱)まであと1ヶ月、英国首相官邸の発表です。英国のボリス・ジョンソン首相は水曜日、公平で道理にかなった新たな合意の結論を目指してEUへの最終的発表に直面しなくてはなりません。デイリー・テレグラム紙によると、この提案はこう計画しています。アイルランドは2025年までEU単一市場に留まるが、英国との関税同盟を形成する。
posted by クリント at 10:28| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港のデモ高校生、乱闘中に至近距離から警察官に実弾打たれ重体 


Il s'agit des pires violences à Hong Kong depuis le début de la mobilisation pro-démocratie. 31 personnes sont hospitalisées dont deux dans un état critique après les affrontements entre manifestants et forces de l'ordre. L'un de ses manifestants a d'ailleurs été blessé par un tir à balle réelle. C'est une première. Précisions de notre envoyé spécial sur place...

これは親民主主義動員開始以来、香港で最悪の暴力です。デモ参加者と機動隊との対立後、31人が入院しましたが、そのうち2人は危険な状態です。デモ参加者の1人は実弾を撃たれ負傷しました。これは初めてのことです。現場から特派員の詳細です....

posted by クリント at 09:22| パリ | Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする