2019年09月05日

仏数学者セドリック・ヴィラニがパリ市長選に出馬表明 共和国前進には既に正式候補者


Il assure Emmanuel Macron que ce n'est pas un acte de défiance. Cédric Villani a officiellement annoncé qu'il se lançait dans la course à la mairie de Paris. Une candidature dissidente du député de l'Essonne qui dérange bien sûr au sein de La République en Marche, le parti présidentiel qui a déjà investi Benjamin Griveaux. Regardez.

彼はエマヌエル・マクロンにこれは不信な行為ではないと断言しました。セドリック・ヴィラニはパリ市長選レースに参戦すると正式に発表しました。エソンヌ県議員の反逆的立候補は勿論、出身政党の「共和国先進」の中で迷惑をかけています。この大統領所属政党はすでにベンジャマン・グリヴォーを公認しています。ご覧ください。
posted by クリント at 13:57| パリ ☀| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア・コンテ新内閣発足へ−財務相に欧州議会の有力議員、五つ星党首を外相に起用


À la une également en Italie, Giuseppe Conte présente son gouvernement. Luigi Di Maio, chef du Mouvment 5 Étoiles est nommé à la dipolmatie. Un nouveau député démocrate élu à l'économie. C'est un geste faire des grands progrès à Bruxelles.

これもトップ・ニュースですが、イタリアではジュゼッペ・コンテが内閣を披露しました。五つ星運動のリーダーであるルイジ・ディ・マイオが外務大臣に指名されました。民主党の新たな下院議員が経済相に選ばれました。これはEUに対して大いなる進歩をとげた振舞いです。
posted by クリント at 12:52| パリ ☀| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラン、核研究開発の制限撤廃 合意の履行停止第3弾


Les tensions entre les États-Unis et l'Iran sont finalement loins d'être terminées. Ce mercredi soir, le président Hassan Rohani a annoncé abandonner toute engagement et donc toute limite à la recherche aux développements en matière nucléaire. Il souhaite doter l'Iran de tous dont il a besoin pour l'enrichissement de l'uranium. Plus tôt dans la journée, Washington avait exclu toutes dérogations aux sanctions imposées sur le pays. Échec donc pour la France qui a tenté ces dernières semaines une médiation entre les deux pays pour obtenir une rencontre entres ses deux présidents.

アメリカとイランとの間の緊張は結局終わるには程遠くなりました。水曜日夜、ハッサン・ロウハニ大統領がすべての約束、つまり核に関する開発研究における制限撤廃を発表しました。彼はイランがウラン濃縮のために必要なすべてを持ちたいと望みました。日中これより少し前、アメリカはイランに課した制裁の全ての例外を排除しました。ここ数週間、両国大統領の会談実現に2ヵ国間の仲介を試みたフランスにとって、これは失敗です。
posted by クリント at 11:23| パリ ☀| Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港行政長官が逃亡犯条例を正式撤回、学生ら「遅すぎる」と反発


Peut-être un tournant dans la situation à Hong Kong après 3 mois de contestations et de manifestations pro-démocratie. La cheffe de l'exécutif local, Carrie Lam annonce le retrait du texte qui a mis le feu aux poudres. Il s'agit d'une loi permettant les extraditions vers la Chine continentale. Carrie Lam appelle désormais les manifestants à participer aux dialogues qu'elle leur propose. C'est trop tard et trop peu pour certains leaders de la contestation qui ont réagi.

3ヶ月に及ぶ抗議と親民主主義デモ行進の後、これは恐らく香港の状況で転換期になるのではないでしょうか。林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は怒りに火をつけた法案の撤回を発表しました。中国本土への身柄引渡しを許可する法案です。キャリー・ラムはすでにデモ参加者に彼らに提案した話し合いに参加するよう呼びかけました。これに反応した何人かの抗議リーダーは撤回が遅すぎて、要求への回答が少なすぎると語っています。
posted by クリント at 10:09| パリ ☀| Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英議会がEU離脱期限延期法案可決後、総選挙前倒しも否決 ジョンソン首相打つ手なし


Au sommaire de ce journal, humiliations qui s'enchaînent pour Boris Johnson au parlement britannique. Les députés ont voté ce soir une demande de report du Brexit pour empêcher un no deal. Ils ont aussi rejeté massivement sa motion pour des élections anticipées.

この時間のニュースの要約です。英国議会でボリス・ジョンソンへの屈辱が続いています。下院議員が今夜、合意無き離脱を避けるためブレグジット(英国のEU離脱)の期日延長要求を採択しました。彼らはまた前倒し選挙のための動議を多数で否決しました。
posted by クリント at 09:25| パリ ☀| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする