2019年09月04日

仏政権が家庭内暴力対策措置発表 


Le gouvernement français saura-t-il envoyer les violences faites aux femmes ? Toutes ambitions de ce Grenelle contre les violences conjugales déjà des mesures ont été annoncées mais les associations ne sont pas convaincues.

フランス政権は女性に行われた暴力を葬り去るが出来るのでしょうか?家庭内暴力(DV)に対するこのグルネル協定の全ての野望ですが、すでに対策措置が発表されましたがDV反対組織を納得させられませんでした。


En France, 101 femmes sont mortes depuis le début de l'année sous les coups de leur conjoint, concubin ou ex-compagnon. Pour répondre à ce fléau et à la pression de la rue, le gouvernement a lancé un ≪ Grenelle des violences conjugales ≫, une concertation de près de trois mois. Et sans attendre, il a rendues publiques des mesures dites ≪ d'urgence ≫ : la création de 1000 nouvelles places d'hébergement pour les victimes à partir de janvier prochain, plus de facilités pour porter plainte à l'hôpital et l'expérimentation de juridictions spécifiques pour traiter les affaires rapidement.

フランスでは今年初めから101人の女性が夫や内縁の夫あるいは元夫からの暴力で亡くなっています。この災いや世間の圧力に答えるため政府は「家庭内暴力(DV)グルネル協定」を約3ケ月間の協議の結果始動させました。そして躊躇なく政府は緊急と呼ばれる措置を公開しました。それは来年初めから犠牲者のための新たな1000ヶ所の収容場所の創設。病院への訴えをより容易にすること。そして事件を早く処理するため特別裁判機関の実験です。
posted by クリント at 11:37| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラン大統領 米との二国間話し合い拒否 


Le président iranien Hassan Rohani exclu des négociations bilatérales avec les États-Unis et averti que son pays réduira comme prévu ses engagements en matière nucléaire à moins d'une percée dans les discussions avec les Européens d'ici deux jours. Les tensions n'ont cessé d'augmenter depuis que les États-Unis se sont retirés d'accord sur le nucléaire l'an dernier et ont appliqué de lourdes sanctions contre l'Iran. Mais récemment la France avait fait entendre qu'un dialogue était possible entre Téhéran et Washington. Hassan Rohani vient donc de faire une sérieuse mise au point. Analyse de...

イランのハッサン・ローハニ大統領はアメリカとの2国間話し合いを拒否し、イランは今から2日後のEUとの討議で風穴が空かない限り予定通り核に関する約束を減らして行くだろうと警告しました。アメリカが昨年核合意から離脱し、イランに対して厳しい制裁を実行して以来、緊張は高まり続けています。しかし最近、フランスがイランとアメリカとの間で対話が可能だと発言しました。ですからハッサン・ローハニは真剣な公式見解の発表を行ったところです。分析です....

posted by クリント at 10:15| パリ | Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アに拡がる外国人への襲撃に大統領遺憾表明 外国人の商店略奪・火災頻繁に発生


Les violences xénophobes en Afrique du Sud continuent, le président sud-africain Cyril Ramaphosa, lui, juge inacceptable.

南アフリカで続く外国人嫌いによる暴力を南アのシリル・ラマポーザ大統領が受け入れがたいと判断しました。
posted by クリント at 09:27| パリ | Comment(0) | アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英首相、議会投票で敗北 総選挙の早期実施を表明 保守議員21人合意無き離脱に反対票


À la une, coup de théâtre, coup de tonnerre au parlement britannique. Les députés votent contre le Premier ministre Boris Johnson qui promet un Brexit sans accord au 21 octobre. Nouveau vote est attendu ce mercredi.

トップ・ニュースです。英国議会でどんでん返し、雷鳴です。下院議員達がボリス・ジョンソン首相が約束した10月21日の合意なしのブレグジット(英国のEU離脱)に対して反対票を投じました。今日水曜日に新たな採択が待たれます。
posted by クリント at 08:55| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする