2018年04月17日

シリア防空システムがホムス上空で多数のミサイル撃ち落とす イスラエル・米が発射を否定


Les États-Unis qui démentent être à l'origine des tirs de missiles interceptés cette nuit par la défense antiaérienne syrienne au-dessus de Damas et de Homs. Les regards se tournent maintenant vers Israël. L'activité inhabituelle de la version israélienne dans le ciel libanais a été constatée hier soir.

アメリカは今夜ダマスカスやホムス上空でシリア対空防衛システムにより迎撃されたミサイル発射の原因となったことを否定しました。今や視線はイスラエルに向けられています。レバノン上空でのイスラエル版の異例なミサイル活動は昨夜証明されました。




posted by クリント at 17:31| パリ | Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カナダのトゥルドー首相がマクロン仏大統領と会談 貿易問題やシリア内戦とG7討議


Le Premier ministre canadien Justin Trudeau en viste en France. Il est notamment venu défendre l’accord commercial entre son pays et l’Union Européenne. Le CETA entre en vigueur il y a maintenant 6 mois.

カナダのジュスタン・トゥルドー首相がフランスを訪問しています。彼は特にカナダと欧州連合間の貿易協定を守るためやって来ました。カナダEU包括的経済貿易協定(CETA)が発効してから現在6ヶ月になります。

posted by クリント at 16:31| パリ | Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリア化学兵器調査団、現地に入れず ロシアと体制側許可せず


En Syrie, pourquoi les experts de l’OIAC sont-ils tenus à l’écart de Douma ? Les inspecteurs sont bien arrivés sur le territoire syrien mais pour l’instant ils n’ont pas pu se rendre sur les lieux de l’attaque chimique imputée au régime de Bachar al-Assad. La mission de l’OIAC, l’Organisation pour l’interdiction des armes chimiques prend donc du retard. Le Royaume-Uni parle de l’entrave à l’enquête et les États-Unis vont jusqu’à évoquer un risque de manipulation de lieu de l’attaque. Londres et Washington pointent en tout cas du doigt, la Russie qui s’est défendue bec et ongles.

シリアでは何故、化学兵器禁止機関(OPCW)がドゥーマから遠ざけられているのでしょうか?捜査員達は確かにシリア領土に着きましたが、今のところ彼らはバシャール・アル=アサド体制の仕業である化学兵器現場に向かうことが出来ません。OPCW派遣隊は遅れをとりました。英国は調査の邪魔をされたと語り、アメリカは襲撃現場の工作の危機だとまで言及しました。いずれにせよ英米はロシアとシリア体制を指さし、ロシアは攻撃と防御のすべを知っています。
posted by クリント at 14:19| パリ | Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする