2018年04月18日

マクロン仏大統領がEU演説前にエピナルで有権者に答える


La France a lancé à sa pensée, consultation citoyenne sur l'Europe. Il s'agirait d'appliquer et de répondre l'intterogation des électeurs avant les europennes de 2019. Emmanuel Macron invite avant ça à défendre sa vision de l'Europe devant le Parlement européen.

フランスが、その考えを投げかけました。欧州に関する市民の意見です。2019年の欧州議会選挙前に有権者の質問に適用し答えることです。エマヌエル・マクロンはその前に欧州議会の前で欧州に関する彼のビジョンを擁護するよう促しました。


Le président français appelle à défendre la démocratie au sein de l'Union européenne. Devant le Parlement européen, Emmanuel Macron a plaidé en faveur d'une plus grande intégration entre les États membres pour défendre les valeurs communes .

フランス大統領は欧州連合の真っ只中で民主主義を擁護しようと呼びかけました。欧州議会の前で、エマヌエル・マクロンは議会メンバー国の中において最も大きな統合のために共通の価値を守ろうと訴えました。
posted by クリント at 16:57| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国海軍が台湾海峡で実弾演習


Pékin entame ce mercredi des manœuvres à tir réel près de Taïwan. La Chine considère toujours l'île comme partie intégrante de son territoire et a prévenu que ses exercices détenues mise en garde au pro-indépendance. Pourquoi ses manœuvres qui raisonnent comme une provocation vis-à-vis de Taïwan mais également vis-à-vis de l'allié américain ? Les explications de Jean-Philippe ...

中国が水曜日に台湾近くで実弾による軍事演習を開始します。中国はいつも台湾を自国領土の一部をなす島と見なしています。そして中国は台湾の独立支持派の人々を警戒して維持された演習を予告しました。何故、中国の軍事演習が台湾にまた同様にアメリカの同盟国に対して挑発するように考えられたのでしょうか? ジャン・フィリップの説明です・・・
posted by クリント at 10:32| パリ | Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OPCW調査団がやっとシリア東グータ入り=化学兵器疑惑で試料採取へ


Après des objections pour des questions de sécurité soulevées par les responsables syriens et russes, ce n'est que ce mardi que les enquêteurs de l'Organisation pour l'interdiction des armes chimiques, l'OIAC sont arrivés sur place pour faire la lumière sur ce qui s'est passé le 7 avril. Paul Khalifeh.

シリアとロシアの高官から安全上の問題への反論があり、化学兵器禁止機関(OPCW)の調査団員が4月7日に何が起こったかを解明するため現場に到着したのは、やっと今日火曜日でした。ポール・ハリフェの報告です。


posted by クリント at 09:45| パリ | Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

シリア防空システムがホムス上空で多数のミサイル撃ち落とす イスラエル・米が発射を否定


Les États-Unis qui démentent être à l'origine des tirs de missiles interceptés cette nuit par la défense antiaérienne syrienne au-dessus de Damas et de Homs. Les regards se tournent maintenant vers Israël. L'activité inhabituelle de la version israélienne dans le ciel libanais a été constatée hier soir.

アメリカは今夜ダマスカスやホムス上空でシリア対空防衛システムにより迎撃されたミサイル発射の原因となったことを否定しました。今や視線はイスラエルに向けられています。レバノン上空でのイスラエル版の異例なミサイル活動は昨夜証明されました。




posted by クリント at 17:31| パリ | Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カナダのトゥルドー首相がマクロン仏大統領と会談 貿易問題やシリア内戦とG7討議


Le Premier ministre canadien Justin Trudeau en viste en France. Il est notamment venu défendre l’accord commercial entre son pays et l’Union Européenne. Le CETA entre en vigueur il y a maintenant 6 mois.

カナダのジュスタン・トゥルドー首相がフランスを訪問しています。彼は特にカナダと欧州連合間の貿易協定を守るためやって来ました。カナダEU包括的経済貿易協定(CETA)が発効してから現在6ヶ月になります。

posted by クリント at 16:31| パリ | Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリア化学兵器調査団、現地に入れず ロシアと体制側許可せず


En Syrie, pourquoi les experts de l’OIAC sont-ils tenus à l’écart de Douma ? Les inspecteurs sont bien arrivés sur le territoire syrien mais pour l’instant ils n’ont pas pu se rendre sur les lieux de l’attaque chimique imputée au régime de Bachar al-Assad. La mission de l’OIAC, l’Organisation pour l’interdiction des armes chimiques prend donc du retard. Le Royaume-Uni parle de l’entrave à l’enquête et les États-Unis vont jusqu’à évoquer un risque de manipulation de lieu de l’attaque. Londres et Washington pointent en tout cas du doigt, la Russie qui s’est défendue bec et ongles.

シリアでは何故、化学兵器禁止機関(OPCW)がドゥーマから遠ざけられているのでしょうか?捜査員達は確かにシリア領土に着きましたが、今のところ彼らはバシャール・アル=アサド体制の仕業である化学兵器現場に向かうことが出来ません。OPCW派遣隊は遅れをとりました。英国は調査の邪魔をされたと語り、アメリカは襲撃現場の工作の危機だとまで言及しました。いずれにせよ英米はロシアとシリア体制を指さし、ロシアは攻撃と防御のすべを知っています。
posted by クリント at 14:19| パリ | Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

シリア化学兵器疑惑、OPCWが調査開始 政府高官と会談


Et justement concernant les armes chimiques hier marquées le début de l'enquête de l’OIAC, l'Organisation pour l'interdiction des armes chimiques. Des membres de l'Organisation sont arrivés en Syrie et doivent déterminer si oui ou non le régime de Bachar al-Assad utilisait des armes chimiques contre sa population le 7 avril dernier à Douma. Une attaque présumée qui aurait fait 40 morts et c'est justement cette attaque présumée qui a motivé les frappes menées par les États-Unis, la France et la Grande-Bretagne.

そしてまさに昨日化学兵器に関して化学兵器禁止機関の調査開始が注目されました。シリアに到着した、この機関のメンバーが去る4月7日にバシャール・アル=アサド体制がドゥーマで住民に対して化学兵器を使用したか否かを究明しなければなりません。化学兵器と推定される襲撃で40人が死亡したようです。そしてまさにこの化学兵器を使用したと推定される襲撃がアメリカ、フランスそしてイギリスによる空爆の動機付けとなりました。
posted by クリント at 19:49| パリ | Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラブ連盟首脳会議サウジで開催、テーマはシリア以外にエルサレムと対イラン問題


Le sommet de la Ligue arabe a eu lieu ce dimanche. C'est l'Arbie Saoidite qui accueille cette réunion annuelle. Elle a été question de la Syrie où lendemain donc des frappes occidentales mais la réunion a été dominée par la question de Jérusalem et par les tensions avec l'Iran. Nicolas Falaise.

アラブ連盟首脳会議が日曜日に行われました。サウジアラビアがこの毎年恒例の会議を受け入れました。西欧空爆の翌日のシリア問題が会議のテーマでしたが、エルサレム問題とイランとの緊張が会議を支配しました。ニコラ・ファレーズの報告です。
posted by クリント at 19:19| パリ | Comment(0) | 中近東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクロン仏大統領、就任1年目のTVインタビューで激論 経済改革の正しさ主張


Bonsoir à toutes et à tous! Emmanuel Macron à la télévision. Grand oral de trois heures hier soir pour le président français. Il a répondu aux questions de nos confrères de BFMTV/RMC et Mediapart. Quasiment un an après son arrivée à la tête de l'État, l'heure était à la mise au point. Une interview qui vient clore, elle se mettrait médiatique pour le chef de l'État mais surtout qui arrive un jour après les frappes coordonnées menées en Syrie par Londres, Paris et Washington.

皆さん今晩は!エマヌエル・マクロンがテレビ出演しました。フランス大統領にとって昨夜は3時間に及ぶ口頭試問です。彼は我々の同業者であるBFMTV/RMCとメディアパートの質問に答えました。国家元首に就任してからほぼ1年後、手直しの時です。インタビューは終わったところですが、国家元首にとってはメディア向けになりましたが特にシリアでの英仏米連携空爆後の翌日にインタビューが行われました。
posted by クリント at 16:17| パリ | Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

2018年4月14日のニュース回答

4月14日のニュース回答
     ↓

Le président équatorien Lenin Moreno a donc confirmé la mort de trois journalistes du quotidien El Comercio, l'un des plus influents d'Équateur. Ces trois hommes ont été enlevés le 26 mars par de présumés guérilléros colombiens. Réaction de Lenin Moreno a décidé d'envoyer l'armée à la frontière colombienne.

エクアドル大統領のレニン・モレノがエクアドルで最も影響力を持った1つの日刊紙エル・コメルシオの ジャーナリスト3人の死亡を確認しました。この3人の男性は3月26日にコロンビアのゲリラ兵と推定される者に誘拐されました。レニン・モレノの反応はコロンビア国境に軍を派遣することを決定することでした。
posted by クリント at 23:00| パリ | Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする